洗濯洗剤の洗い残し問題 我が家の選択

スポンサードリンク






以前
石鹸カスの取り方 洗濯物を時短で簡単キレイにした私のやり方
として
石鹸洗濯の悩みである石鹸カスをとりつつ
簡単に洗濯できる方法を模索していましたが
我が家のお洗濯問題も
ある程度落ち着いてきました

我が家が選んだ
よりよいお洗濯とは…

  

スポンサードリンク






石鹸よりもいいもの

突然ですが
石鹸って栄養がありますよね

栄養があるということは
黒カビにとっても嬉しいわけです

そう

石鹸洗濯によって
洗濯層の黒カビ問題まで身近になったのです

出産後、しばらく家事を手伝ってもらった義母によると
洗濯層を洗ったばかりなのに
すぐに黒カビが発生しているとのこと

せっかくお肌に優しく石鹸でお洗濯しても
黒カビだらけのお水で洗っていては
意味がありません

頻繁に黒カビの掃除をしなければ
お肌に優しく綺麗に洗いあげる洗濯ものは
出来上がらないようなのです

そこで
もっといい洗濯用洗剤はないものか
と体に優しそうな洗剤を2つ試してみました

・石鹸洗剤のそよ風
・合成洗剤のさらさ

ちなみに
我が家の使っていた石鹸洗剤は
生活クラブの無香料のものです

そよ風
石鹸洗剤以外の何物でもなく
香りがついているというくらいで
生活クラブのものと同じ使用感でした

次に
合成洗剤には抵抗があったのですが
さらさを使ってみました

すると
一目でわかる違いがありました

黒い洗濯物がめちゃ黒い!

取れたと思っていた石鹸カスは
実は少し残っていたのか!!!と衝撃でした

石鹸カスが残っていれば
芳醇な栄養として
カビさんも大繁栄するはずですね

改めて石鹸洗濯は奥が深く
手間がかかりコツがいり
大変なものなのだと
感じました

合成洗剤のメリット デメリット

そういえば
そもそも
なんで石鹸洗濯に変えたのでしょう

うちも最初は
NANOXにHYGIAなどの一般的な合成洗剤を使っていました

しかし
いつの間にか石鹸洗濯を取り入れていました

そこで
石鹸から合成洗剤に変えてみて感じた
合成洗剤のメリット デメリット
考えてみました

◆合成洗剤のメリット

・黒い服が真っ黒に洗いあがる
 →もう、白い塊を見つけてはこする手間がいらない
・最低限の合成洗剤しかはいっていない
・すすぎ一回でOK
柔軟剤がなくても気にならない
 でも気になるなら柔軟剤も出ているので使用すればふわふわになる
吸水性が良い状態で洗いあがる
 →石鹸の時は、水をはじいてしまって吸わなかった

◆合成洗剤のデメリット

・合成洗剤なので環境にやさしくない
 →しかし生分解性ということで
  分解するのには時間がかかるけれど、分解はされる
  ただ、分解するまでの間に環境を汚染することもあるのでしょう…
・柔軟剤の香りがちょっときつい
 →慣れたらいい香りでほんのりとしか感じなくなった
  慣れは恐ろしい
  結局、柔軟剤のほうは無添加なのが着色料だけであることと
  未使用でも香りもゴワゴワ感も気にならないので
  基本使用しないことに落ち着いた
・買いに行くのが面倒
 →生協の宅配で来ないので自分で購入する必要あり
  しかしアマゾンで定期便があり、特大サイズが頼めることが分かった

我が家の選択

ワーキングマザーとして忙しい毎日になることを加味したら
うちの家族はアレルギーもなく肌も弱いわけじゃないので
環境とお肌に優しいけど手間がかかる石鹸洗濯はやめて
手間なくしっかり洗浄できるが、優しめの合成洗剤である
さらさ一択になりました

そもそも生活クラブを始めてから
環境の話を聞いて石鹸信者となり
 何でもかんでも 環境にやさしい石鹸
 多少コストがかかっても 環境にいいものを!

という流れに乗っかってきましたが
お金の面でも時間の面でもコスパを考えて選ぶようになりました

もともと何でも影響されやすく
自分であまり考えないで
イイといわれているから良いんだ!と
選んでしまいやすい性格でした

しかし今後は

生活クラブだからいい!
環境にいいからいい!

と短絡的に選ぶのではなく
自分でいいと思ったものを選択して
我が家に合ったよりよい生活をしていこうと思います

とはいえ
食材はダントツ美味しい生活クラブを選ぶ日が
まだまだ続きそうです
(お金がある限り)

スポンサードリンク






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。