引越しの相場 単身で短距離の場合は?金額と時期 業者の選び方

スポンサードリンク






新生活の時期になりましたね

ここで悩まされるのが引っ越し費用です

単身なのに
近距離なのに
20万円以上もかかるの?

なんて
びっくりする金額を提示された方もいるのではないでしょうか?

その額は相場の範囲内なのでしょうか?
それとも
実は安めの設定なのでしょうか?

引っ越し料金の相場について
一緒に見ていきましょう

  

スポンサードリンク






引越しの相場 単身で短距離の場合は?

単身で近距離といえば
3万くらいで引っ越し完了したいですよね

もらった見積もりが相場かどうかというのは
いろんな要素で決まるため
数社で見積もりを取って
比べてみるのが一番です

見積もり比較サイトなどもありますね

それでは
引っ越しの料金
どんな基準で決まるのでしょうか?

いろいろな要因がありますが
大きく①引っ越し自体の料金と➁付帯料金に分けられます

①引っ越し料金
 ⇒トラック料金や作業員人件費

➁付帯料金
 ⇒エアコン工事など
 ※引っ越し会社の提携する業者に外部委託するので
  基本は割引できない部分になります

そのうちの①引っ越しの料金というのは
大体は以下の3つの要素で決まります
・引っ越しの日時
・引っ越しの距離
・引っ越しの荷物量

他にも
運び込むときに
トラックが横付けできるか、
階段かエレベータか
マンションか一軒家か
などの要因によっても
金額が変わってくるようです

やはり労力がかかるシチュエーションほど
高くなりますよね

梱包を自分でやるだけでも
料金は安くなったりするので
自分でかけられる労力とお金のバランスをみて
調整していく必要がありますね

引越しの金額は時期でかわる?

上記の3つの要素にも挙がりましたが
引っ越しの金額は
繁忙期かそうでないかで結構違います

1日、午前か午後かの違いだけで10万円程度の差が出る場合が
あることもあり驚いてしまいますね

ちなみに繁忙期は年に4回ほどあります
・3月下旬~4月初旬
・7月下旬(小、中学校夏休み期間~)
・8月下旬
・12月下旬

時期を選べるのであれば
その時期を外して引っ越しするのがよいでしょう

また、引っ越し業者の都合の良い時間に合わせることで
安く済ませることができる場合もあります

ただし、
時間指定なしのフリータイムの便などの場合は
要注意です

最悪の場合、前の予定がおして夜になったりしますので
お気を付けくださいね

夜に運び終わっても
そこから段ボールを開ける気にはなりませんよね…
最低限寝られる準備を整えて寝るだけでも
疲れてしまいそうです…

引っ越し時期だけでなく
物件を探す場合においても
5月のGWを過ぎてからだと
交渉次第では
お得に契約できる場合がありますので
急いでいないのであれば5~6月ごろがお勧めですね

そのころであれば
新年度が明けて
仕事にも慣れてきたころ合いで
心にも余裕が出てきているでしょう

引越しの業者の選び方

ここまで業者に頼んだ場合を見てきましたが
一番安く引っ越しを済ませたいなら
やはり自分でやることが一番です

軽トラをレンタル、自分で梱包した荷物を運び
引っ越し先にて開封する
なんていうやり方で
お友達に協力してもらって焼肉をおごるというのは
よく聞く話ですね

ただし、
働いているのであれば
この労力は辛いですよね
仕事に支障が出てしまうかもしれません
さらに、
怪我をさせてしまうリスクもあります

それらを考えると
やはり業者さんにお願いするのが安心でしょう

業者さんにお願いするにしても
数社に見積もりをとって
値下げしていくのが賢いやり方です

まずは見積もりが取れるサイトを利用したり
ご自身で選んだ3社くらいに見積もりを依頼しましょう

相場がわかってきたら
値引き交渉していくようにしてください

一般的に安いといわれているのは
・クロネコヤマトの単身パック
・赤帽
ですね

ただし
単身パックは
ご自身で梱包、開封、荷物のセッティングをするので
時間に余裕がある人向きとなります

まとめ

いかがでしたでしょうか?
単身、近距離といえど
侮れない引っ越し費用

時期なんかも考慮して
お得に労力をかけずに
引っ越しできるといいですね

スポンサードリンク






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。